1年後の福島(2017年8月・福島県富岡町・浄林寺)

また福島を想う季節がやってきた。

 

8月6日。

 

われわれMONK衆が福島県富岡町の浄林寺に、笑い仏を届け、 開眼法要をしていただいたのが2015年の8月6日であった。 浄林寺の早川住職は、放射能被害で町を離れた檀家さんのために、 原爆が広島に落とされたその日に、施餓鬼法要を行っている。 2017年も無事に法要が営まれた。

 

「昨年同様に、大勢の方が集まっていただき、法要を行わせていただきましたよ」

 

早川住職は、腹の底から立ち上がる野太い声でおっしゃる。

私は法要の日にはうかがえなかったが、翌週に浄林寺を訪れ、笑い仏に手を合わせた。 1年ぶりの対面にふと思う。

 

pic 17zyourinji 00

  

「笑い仏さんは少し太ったんじゃないか?」

 

ご住職が「みなさん、なでていかれるよ」とおっしゃっていたので、幸せ太りなのかも。

 

pic 17zyourinji 01

 

ご家族に町を案内してもらった。

 

「最近、新しい道ができるので、迷ったりするんですよ」

 

宿泊ができなかった避難地区指定が解除され、復興の緒についたあかしなのであろう。 ただ、富岡町の復興は複雑な様相を見せているように思えた。

津波で無残にやられた中華料理屋はもう解体されて、それがあった位置が思い出せない。 しかし、依然まちはガランとしていた。

 

「もうすぐ駅に鉄道が来るんですよ」

 

見れば、汚染土が積まれていた駅周辺に、駅舎の鉄骨が組まれていた。

 

pic 17zyourinji 02

 

そして、ホテルも新たに開業するのだという。

 

pic 17zyourinji 04

 

「みんな流されたのに、またここに作るんですね」

 

住民の思いは複雑である。

復興は急務だが、地元の意志そっちのけの復興には疑問符がつく。

10月21日にはこの富岡駅まで鉄道が通る予定だという。 2019年には第1原発横を通る浪江駅までが開通するという。

それが何をもたらすのか。

1年後、またこの土地は変わり果てているのであろう。

 

*笑い仏を拝まれる際は、浄林寺にご連絡ください。

  福島県双葉郡富岡町下郡山下郡26

  ☎0240-22-3492(早川住職)

Joomla templates by a4joomla
Copyright 2000-2016. MONK Forum. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.