毎朝山寺に100人!(2017年4月・神戸市・十善寺)

いつもお世話になっているライターの方から、信じられない話をうかがった。
 
「寺好きやったよな? 神戸の山に朝6時から100人が集まるお寺があるんやで」
 
100人? 耳をうたがったが、確かに「100人」らしい。
ラジオ体操を行うため、寺の境内に集まるのだという。
にわかには信じがたいが、寺好きの血が騒ぐので、とにかく、行ってみることにした。
とはいえども、六甲山の山寺に朝の6時は、根性なしの愚生には厳しく、
阪急・六甲の駅に到着したのは午前11時。そこから山を目指した。
桜の季節は終わったが、代わって新緑が瑞々しく、すがすがしい風も心地よい。
と思ったのもつかの間、住宅地とはいえ、10分坂道を登ると、汗がにじみ、息も乱れてくる。
こんな山道をものともせず、毎朝6時には登頂している猛者がいるんだものな。
くじけそうな心を奮い立たせると、川沿いの小道に十善寺の石碑が現われる。
 
pic rokkou 31
 
ただ、ご注意あれ。目立つ表示は、駐車場を示すもので、右に行くと、参道から外れる。
石碑の左に目立たなく彫られている「参道」とある左手が正解。
拙者も右手からお邪魔したので、参道を歩き、寺が迫ってくるドキドキ感を逃してしまった。
 
とはいえ、駐車場なる空間からは別世界。境内を覆う木々が、住宅地との結界になっている。
こんな住宅地すぐに、本格的山岳寺院が存在する奇跡…。
山門をくぐると、これまた雰囲気がある本堂が目に入る。
こりゃいい!
 
pic rokkou 05
 
さすがに、境内には100人の猛者はおらず、愚生ただ一人のみである。
新緑がキラキラ。実に季節に来たものぞ。
ただ十善寺の魅力はこれで終わらない。
本堂に向かい、左手を見るとこじゃれた茶店がある。
これぞ、驚がくの朝6時からオープンのモーニングカフェ「もみじ茶屋」なのだ。
しかも、オーナーがいい意味で変態である。
藤田さんは、関西の某ラジオ局の人気番組のディレクター。
 
「会社でやろうということになり、僕もカフェならと」
 
なんとも進んだ会社である。
しかし、藤田さんは軽く言われるが、なんせ朝の6時である。
聞けば、家は遠く三木市というではないか。
バイクを飛ばすこと約40分。風の日もあろう。雨の日もあろう。
もっと言えば、二日酔いのときもあろう。
そんな艱難辛苦を踏み越えて、十善寺で朝カフェののれんを用意するのだ。
100人の善男善女のために。
なんたる功徳ぞ!
しかもイケメンやぞ。
 
pic rokkou 30
 
店内は、10人程度で満員になりそうだが、境内のどこでも休めそうなので問題はないのであろう。
特に、今の季節ならば、新緑を楽しみながらの珈琲もオツであろう。
コーヒーだけやない。
カレーやオムライスなど、どうやって一人でさばくんだろうと、心配になるほどメニュー豊富である。
 
さらに驚いたのは、店内にあったお寺の由緒書き。
これが超マニアックなのだ。由緒書きというか、歴史書の厚さである。
 
「歴史好きの広告代理店の方がいて、趣味で作られたそうですよ」
 
創建以来の歴史が、時代ごとに区分けされている。
十善寺は、1057年の創建とあるが、織田信長の時代には、戦乱で兵火にかかったという。
それが、NHKに出てくるような精緻な合戦図と一緒に説明されている。
 
pic rokkou 33
 
「本にされたほうがいいですよ!」
 
思わずうなった。
見てみてください。ホント城や戦国好きなら、誰もがそう思いますよ。
 
気づけば、12時。藤田さんは本業? があるとのことで、拙者も失礼させていただく。
ただ、このお寺まだ終わらない。
山門隣に時代風の瀟洒な建物がひっそり立ってある。
 
pic rokkou 09
 
「昔からあるんですけど、毎日登山の方のためのお堂なんです」
 
お寺の方が説明してくれた。
そして、「ヨイショ」と木版の掛け金を外すと…。
ギョ!
 
pic rokkou 04
 
「登山した回数を記入していくんです」
 
これがうわさの毎日登山の実体か…。
軽やかな感動にうちひしがれた。
先の先達から話には聞いていた。
 
「神戸には毎日登山って風習があって、中には1万回登ったって人もいるんやで」
 
ホントに毎日登っても27年かかる。これは荒行ではないか。
オシャレな風体で、やるやんけ神戸人!
1万回登ると、表彰されるらしい。20歳で初めても表彰されるのは、50前になる…。
そのモチベーションたるや、恐るべし。
 
私もその1万分の1の御利益にあやかろうと、実際に登ってみた。
本堂の裏から、小道が山頂に向かっている。
山道沿いには、石仏が並んでいる。
88体もあり、1周すると、88箇所を巡礼したことにあるという仕組み。
寺までの住宅地の坂道と違い、緑の坂道は心地よい。
 
ゴール手前に、奇妙な石碑があった。
 
pic rokkou 07たて
 
これ、沖縄の聖地・斎場御嶽(せーふぁーうたき)にあったやつと同じやん。
円の向こうは、かすんで見えないが、高野山の奥の院があるという。
聖地をのぞむ遥拝所である。
内地的ミライカナイである。すがすがしい気持ちで下山。
あと9999回。
多分無理やな。いや、絶対無理!
 
 
十善寺
 神戸市灘区一王山町12-48
 阪急・六甲から徒歩20分
 ☎078-851-7869
 
Joomla templates by a4joomla
Copyright 2000-2016. MONK Forum. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.