深くもぐっていく寺(2017年2月・沖縄県金武町・観音寺)

那覇から高速を飛ばしても、1時間あまり。
キャンプ・ハンセンという米軍基地で名高い金武町(きんちょう)に、観音寺はある。
 
pic okinawa 01
 
一見普通の寺のように見える。
だが、境内の植生などながめると、南国の寺であることがわかってくる。
木造は本州と同じだが、屋根瓦など、一目見て沖縄独特の雰囲気が伝わってくる。
この赤い瓦、琉球瓦と呼ぶらしい。
 
pic okinawa 02
 
でも、これって昔からそうではなかったらしくて、首里城などで見かけるように、
王族のみに許されていたようで、一般的に使われるようになったのは明治時代に入ってからだとか。
 
さらによ~く目をこらすと、なにか違う。
机に置かれた米と水。
 
pic okinawa 03
 
実はこれ水でなく、酒なのである。
沖縄では、仏教より土着の宗教が尊ばれる土地柄。
お寺でも、お釈迦様をお祈りするというより、
お寺という宗教施設を借りて、祖先や土着の神様を祀るというスタイルが一般的になっている。
祈りの儀式に使われるのが、米や酒。でもって、この瓶は使用済の米や酒を入れておくためのものということ。
 
本土ではお目にかからないものである。なんとも南国情緒あふれる本堂でこうべを垂れた。
このお寺は真言宗のお寺で、戦国時代に日秀という僧が創建したという。
この日秀という方、実に興味深い。
高野山で修行し、補陀落渡海(外に出られないようにした船に乗せられ、熊野から極楽浄土を夢見て、海に流されていく宗教的自殺)を敢行。
だが、幸いなのか琉球に流れ着き、庵を結んだのがこの金武のあたり。
余談になるが、彼はそれから那覇あたりにも足を運び、護国寺の再興にも尽力したという。
その後は、薩摩に渡り、ここでも数カ寺を興したと伝わる。さて、観音寺である。長らく栄えたのであろうが、1934年に焼失。そして、再建される。
知っての通り、沖縄は地上戦で多くの建物が破壊された。多くの寺も失われた。
だが、幸いなことにここ金武は戦火を免れた。
パンフレットにはこう記されている。
 
「沖縄本島で戦前から残る唯一の寺」
 
これは歴史的にも価値のある仏教寺院である。
だが、この寺の隠された魅力は、地下にある。
ん? 地下?
なんと境内に鍾乳洞があるのだ。
ほれ。
 
pic okinawa 06
 
これこそが日秀が布教の中心としたとのことから、日秀洞とも呼ばれる。
深さ30メートル、長さ270メートルという。
ここに熊野三所権現を勧請したという。また洞窟内には、水天も祀られている。
当世風にいうと、パワースポットなのです。
ただ、わたくしは霊感はないのですが、沖縄のこの手の洞窟だけはどうしても後ずさりしてしまう。沖縄にはガマと呼ばれるこのような鍾乳洞が点在し、戦時中は防空壕として利用された。
不幸にも「鬼畜米兵に捕らわれるよりは…」と肉親同士が殺し合う集団自決の舞台になったガマもある。
 
こちらは違うのではあるが、ゾクゾクするので、わがままながら、寺守さんに同行をお願いした。
階段が組まれているが、ほぼ垂直に洞窟に入っていく。
何ともいえない聖地感。こりゃ宗教施設にもってこいだわな。
中は広い。
途中で行き止まりになっていたが、寺守さんが、親切にも道をあけてくれた。
 
「いつもは閉めているんですけど、いいですよ」
 
細い道を進んで、目の前に広がったのは、まさに異空間!
 
pic okinawa 04
 
「すごい!」
 
それしか言葉が浮かばない。
昔は泡盛の貯蔵庫として活用していたのだという。
石灰岩が地下水で浸食されたものと書けば、それまでだが、この神秘的な空間は、神の仕業としか思えない。
達磨大師は、少林寺近くの洞窟で9年間こもり、悟りを開いたとされる。
さもありなん。この光の入らない空間には、見えないパワーがこもっているに違いない。
ただ情けない話ながら、わたし1人ではこの洞窟に入って行けなかったであろう。
拙者は、臆病者でもある。
 
さて、金武観音に来たなら、ここは外してはいけない。
「ゴールドホール」というお店である。観音寺から徒歩10分。
ぼんさいカフェとある。
 
pic okinawa 09
 
想像を働かせても無駄である。
なぜなら、そんなちっぽけな想像をはるかに上回るカフェなのだから。
2Fに上がると、入場料を500円とられる。
食べ物が出てくるわけでもない。
平たく言えば、盆栽博物館なのである。
忍者屋敷のような建物の階段を上がったり、下がったり。
所狭しと置かれた木製細工や石像。
これだけあると、ありがたみが半減して、値段が高いのか安いのかわからない。
ただ、驚くのはここではない。
 
 
小部屋をパスしていくと、衝撃の部屋にたどり着く。
まあ、見て下され。
 
pic okinawa 11
 
なんと、部屋自体が鍾乳洞なのだ。
頭がクラクラしてくる。整理すると、ここはカフェなのである。
そこに、オーナーの趣味の盆栽が展示されている。
 
従業員に助け船を出してもらおう。
 
「もとは米兵相手のバーだったと聞いています」
 
この建物は、金武の米兵相手の社交街では、端っこに位置していたようで、あまり土地代はしなかったとのこと。だから店の裏手を見ると、こんな感じ。
 
pic okinawa 10
 
ある意味、絶景です。だが、さらなる掘り出し物が!
建物の地下に、鍾乳洞が眠っていたのである。
 
「現在(鍾乳洞は)は死んでいるんですけど、たまに昔を懐かしんだアメリカ人が、『よくここで鍾乳洞を見ながら飲んでいたよ』って訪れるんです」
 
pic okinawa 12
 
鍾乳洞がある寺に続き、鍾乳洞にあるカフェ。恐るべし金武…。
ここのオーナーは、タコスをご飯にのっけた「タコライス」で財を築いた富豪だったという。
最初は、バーとタコライスでもうけていたが、盆栽にはまり、今に至ったという。
もう初代オーナーは他界されている。
 
説明が必要であろう。金武は基地のまちである。
海兵隊の基地であるキャンプ・ハンセンが面積の約6割を占める。
兵隊姿の米兵が昼間に歩いているということはないが、基地である痕跡ははっきりとある。
 
pic okinawa 14
 
まちの掲示板には、「演習情報」とある。
キャンプ・ハンセンは、実弾演習が認められている基地なのである。
実弾演習の日時を記したペーパーが、張り出されている。
まちはそんな米兵相手にもうかった時代もあったという。
さきの従業員もそんな現実を冷静に受け止めている。
 
「基地はダメだとかいう人もいるけど、ここは基地でもっている。
医療費が高校卒業まで無料だったり、基地があるおけがで恩恵は受けているんですよ。
それがなくなったとき、なにで生活していくかを示してくれないと、簡単に基地反対とは言えませんよ」
 
そうだろうなぁ。格好のいいことを声高に言えるのは、本土の頭でっかちだけだろうなぁ。
鍾乳洞で、いろいろなことを考えさせられた。
頭を冷やしたい向きは、是非とも金武町へ!
 
 
観音寺
 沖縄県国頭郡金武町字金武222
 沖縄自動車道・金武ICから車で約10分
 ☎098-968-2411
 
ゴールドホールはこちらに詳細。
Joomla templates by a4joomla
Copyright 2000-2016. MONK Forum. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.