プロローグ

From:   モラ坊空石
To:    モラ坊円瓢
Subject: わいも三十路
Date: Wed, 24 Oct 2001 01:41:11 +0900

先日、京都のダビンチ展に行ってきた。 満員で、物好きも多いものよと思っていたら、 メインの「白貂を抱く貴婦人」は一度見るべき。確かにミロのような輝きはないが、 源頼朝の絵画を見たときのような爽快感を覚えた。 それで、帰ってダビンチ本を読んで、 しばしの知的快楽に酔いしれたのであった。28日までなので急ぐべし。

さて、次回の地獄巡りだが、11月の3,4日に 塩飽諸島の本島・正覚院の33年に一度開帳の 観音菩薩を見に行くというのはどうじゃ。 ところは、香川県丸亀から船で25分のところ。 戦国時代は秀吉・家康が一目置いた水軍 を要する島で、幕末に勝海舟が艦長になり、 渡米した咸臨丸を操縦するのに動員されている。 要は、海の男の島じゃ。

続きを読む: プロローグ

空石による紀行文

『ねごろ』という名前、どことなく言ってはならない呪文の香がしまいか。その地は大阪と和歌山の境、葛城連峰がこの地で凝れるところから嶺凝(ねごり)と呼ばれる。暮れも迫った12月28日、俗世の塵芥を払い落とし、身を隠すように根来寺へ向かった。根来は、たくらみごとを秘めて我々を待っていた。

朝早かったと記憶する。仏友のモラ坊円瓢が、寝ぼけ眼の私に言う。

「おい、月蓋長者って知ってるか?」

続きを読む: 空石による紀行文

後日談

From:   モラ坊円瓢
To:    モラ坊空石
Subject: 次の地獄は民博か?!;いま読んでいる仏教本
Date: Thu, 9 Jan 2003 02:55

空石よ!
明けましたな!2003年はぶいぶい言わすか、ひとつ!?

30、31日と箕面の実家に帰ってぼうと過ごし、年が明けた30分後には両親と3人で恒例の「ローカル詣」をかまし、6つの神社と1つの寺を、徒歩でいける範囲内で敢行。

続きを読む: 後日談

Joomla templates by a4joomla
Copyright 2000-2016. MONK Forum. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.