プロローグ

From:   モラ坊空石
To:    モラ坊円瓢
Subject: リフレシュじゃ! 
Date: Wed, 16 Aug 2000 00:31:08

会いましょう。わしもお会いしたく候。
先日、久しぶりに実家に帰り、 念願の飛鳥大仏見てきたわ。写真もオーケイ。「フラッシュたかんと写りませんで。」 とえらいサービス。 

でも、友よ。 
仏は元来拝するためのものではなかとか? 
人間おごったらあかんぜよ。 

飛鳥時代より、火災にもたえて、異形をもって 我々の前におわします仏様。 その時の流れを厳然と見続けてきたことに対する 畏怖の念をもって対せねばならぬのではないか? その冷ややかな眼差しは私には恐ろしい。心を通わすべき対象物を「もの」として扱ってしまう現代的感覚…。

友よ、我と山村の野仏を拝しに行こうではないか。我々が失いつつある感覚を再確認するために。

続きを読む: プロローグ

空石による紀行文

我々の地獄巡りは、赤子の歩みで進み出したが、書き手が遅々として進まない。

今、ボストンというロックバンドの『アマンダ』という曲を聴いている。繊細なメロディライン、哀愁漂う名曲だ。このバンドとて、この曲のアルバムを出すのに、8年かかっている。執筆も同じ。それなりの時間と作法が必要であろう。我が愛すべきアーティスト・運慶はじめとする仏師たちも仏を彫る前に、材料の木に経を唱え、魂を注入して作業にかかった。

ここは、いにしえの道に従おう。我は数珠をつけ、黙して禅を組んだ。CDは『チベタン・ブッディズム~チベット仏教音楽の神髄』。世俗の垢を葬り去ってから、筆を執ることにしよう。脳味噌が昇天するほどに、大きく息を吸い込むと、冥界からの呻きのような重低音が五臓六腑に染みわたる。忘却の彼方にあった、1月前の地獄が眼前によみがえってくる。

続きを読む: 空石による紀行文

円瓢によるエッセイ

From:   モラ坊円瓢
To:    モラ坊空石
Subject: 「本当の遊び」は人生と仏に通ずる;金勝山体験まとめ;我等の宿題

昨日は共にご苦労さんであったことよ。

久しぶりに「登山」をしてまで仏を観る、というhardcoreな仏教修行者的行為を満喫でき、同行人物の適切性と共にあり難い縁に感謝をする次第でございます。 空石もバス中で繰り返していたごとく、全くもって【matureに、またprofessionalにはなってるかも知れんが、中身のcoreな部分は高校時代のまま】という我等の楽しき精神性の確認ができ、喜喜(鬼気)とした。大いに変であると同時に、「つまらん大人」になる可能性が森内閣の支持率が100%になるのと同じぐらい稀な我等の「アソビごごろ」に自覚させられたことでしょう。

続きを読む: 円瓢によるエッセイ

空石による提案


From:   空石
To:    円瓢
Subject: よかともは一生の宝
Date: Tue, 12 Sep 2000 01:01:05

相変わらずの酔狂振りで高校に戻った気がして楽しく実に有意義な時空を過ごせたことは、至極千万至福の喜びであるゾよ。

山椒魚は悲しんだ。
ついでに俺は考えた。 

俺と君で「関西地獄33箇所巡り」なるもんを 作ろうと思う。 
もちろん第一札所は金勝山。
さしあたり第2札所は京の地獄に通ずる井戸か?

続きを読む: 空石による提案

Joomla templates by a4joomla
Copyright 2000-2016. MONK Forum. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.