プロローグ

先に言っておく。前置きは、いつも通りとてつもなく長い。

ちまたは、オリンピック一色である。女子マラソンの野口みずきが、金メダルを取り、日本のメダルラッシュもここに極まれり。怪我を乗り越えYAWARAちゃんが金を取り、北島康介が平泳ぎで2冠。国民の一番関心の高かった(TVで言っていたのよ)女子バレーの大敗など、吹き飛ばすような快進撃をJAPANは続けた。そして、五輪の華である女子マラソン。野口がガッツポーズで競技場に現れる。ポーズはいいから、早くゴールしてくれと気が気でなかった。そして、遠く引かれたカメラの向こうで、さらに小さくなったトップランナーが先頭でテープを切った。

何かが終わった。この感覚は以前にも体験した感覚だ。そう、去年の阪神タイガースの優勝だ。最高の瞬間のすぐ後に来る寂寥感。期待していた感覚とのずれが、うれしさを微妙に侵食していく。これからのオリンピックはどうみたらいいんだ?砲丸投げの室伏にそこまでのドラマを期待できるか。(はじめは銀だったが、金の選手がドーピングで繰り上がりの金メダル。ある意味では、ドラマではあったが・・・)マラソン中継前、時機を逸してあさっての方向に独走していた「24時間テレビ」の杉田かおるの100キロマラソンの結末のようになるのではないかという不安が襲う。

続きを読む: プロローグ

空石による紀行文

私は、仏友と生駒に向かった。なぜって、そこに「聖天さま」を祭る生駒聖天があったから。我々は、大阪福島の「福島聖天」というお寺で、縁あって月に一度イベントをさせていただいている。そこで、「聖天さん」にいろいろ功徳をいただいているのだが、ならば本家にもお礼にあがらねばと、聖天さまの大本山の生駒聖天を地獄ツアーの目的地に選んだのであった。

続きを読む: 空石による紀行文

エピローグ(法螺)

「法螺貝」を売ってる店なんてあるのかいな…。で、HPを調べると、ありました。法螺貝は、修験道の法衣専門店に売っていたのであった。ならば、と行ってきました。京都にある林勘法衣店へ。河原町通りを一筋入ったところにあるお店は、うっかりすると通り過ごしてしまう。店構えは、まったく普通の家と同じなのだ。

そういう意味では、なかなか入りづらい。しかし、これも試練。覚悟を決めて、「ごめんください」と入ると、畳の間には、ところ狭しと、修験道グッズが散乱していた。「ごめんください」。再び叫ぶと、怪訝そうにご主人が現れた。なんでも、直接店に来る人はまれで、みな通販で注文していくらしい。だから、顧客は全国にいるらしい。

続きを読む: エピローグ(法螺)

P.S. その後は「地獄」不作の年が実に5年間続く…!

2004年は納め地獄はなく、代わりに俺は銀座でUKと会い、池袋では清老師と邂逅し、東京のVOWSバーを全部周って縁を繋いだ。プラス、空石の川西宅にもクリスマスどんぴしゃにてお邪魔して、宿泊までしたはず。翌2005年も、我らの凶行・納め地獄は決行されず、今度は梅田で長之坊と空石と共に、ハービス梅田で夕食を食らい、どこぞのホテルのロビーで、「ニートに寺周りさせてブログ書かせる?」みたいな話をしてたな。

こう考えると、実に【納め地獄】は2003年を最後に行われておらぬのよ!では、3年ぶりに2006年は、気合いを入れて敢行されたのか!?

続きを読む: P.S. その後は「地獄」不作の年が実に5年間続く…!

Joomla templates by a4joomla
Copyright 2000-2016. MONK Forum. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.