圓教寺⑪~不思議なお供~

また性空殿の話である。

九州の霧島山で修行を行ったあと、今度は背振山へ移った。
そこで法華経を暗じていると、それを聞きつけ、乙天と若天が現れた。
かれらはそれぞれ、不動明王と毘沙門天の化身ともいわれる。
乙天と若天は、終生性空殿につかえ、身の回りの世話をしたという。

修行熱心な主人のため、彼らは陰に日なたに働いてきたのであろう。
奥の院にある開山堂の隣に、凛とした2つの社がある。
これこそが乙天と若天を祀る神社である。

性空殿は、諸天にも守られ、自らの修行を完成させたのじゃ。



 道中のロープウェーからの眺め

Joomla templates by a4joomla
Copyright 2000-2018. MONK Forum. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.