元興寺⑪~昔、昔のお話じゃ…~

元興寺を出て、少し南に下ると、「元興寺塔跡」という場所があるんじゃ。
ん、ここも元興寺なのかのう?
 
結論から言えば、そういうことになるのじゃ。もともと元興寺は奈良時代では大寺中の大寺。東大寺、興福寺と肩を並べるぐらいの寺領を持っておった。興福寺などは藤原氏の加護があり、隆盛を保ったが、実質的な檀家を持たなかった元興寺は、その後に衰退の途をたどり、明治時代の廃仏毀釈のときに至っては、先のブログでも記したように、廃寺寸前までになったのじゃ。
 
「塔跡」とある。ほれ、ここの門をくぐった先に17個の礎石が残っておる。ここには五重塔があったのじゃ。しかもその高さは57メートルという。日本一の塔である東寺の五重塔が55メートル弱というから、残っていれば日本最高のはずじゃった。ちなみに2番目は興福寺の50メートル。よって、この大塔が現存していれば、奈良の風景もまた違ったものになっておったじゃろうに。
 pic 07 gangoji 21 soseki
 
惜しくも1859年の火災で焼失した。いまは礎石でその姿を忍ぶしかない。
閑静な境内にはいろいろなものが残っておる。ほれ、仏足石もひっそりと…。
 
pic 07 gangoji 22 bussokuseki02
 
諸行無常の響きを感じるのう。
Joomla templates by a4joomla
Copyright 2000-2018. MONK Forum. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.