ここでは、鳥取県は倉吉市の集仏庵よりこちらの世界に来た「がれき光背仏」であるわし、通称「笑い仏(ぼとけ)」が、旅先から日々の思いをつづるブログじゃ。わしについての概要は、こちらのページからご覧いただければ幸いじゃ。

 

鶴林寺⑤~かつめしの石像と看板娘たち~

せっかく加古川に来たのだから、少し町を歩いてみるかのう。
じゃが、加古川といえば、何が有名なんじゃろうか?

駅前の商店街を歩いていると、大変なものを見つけてしもうたぞ!


 かつめしの石像

か、かつめし!?

続きを読む: 鶴林寺⑤~かつめしの石像と看板娘たち~

鶴林寺④~アメリカンドックとガマの実~

わしがおる本堂の裏でアメリカンドックを見つけたぞよ!


 アメリカンドック?

続きを読む: 鶴林寺④~アメリカンドックとガマの実~

鶴林寺③~あいたた観音と新宝物館~

さて、今あらたにお邪魔している鶴林寺は、国宝の太子堂だけでなく、宝物館もみどころ満載じゃ。そしてここには、「あいたた観音」がおられる。重要文化財でもあるのじゃ。


 あいたた観音さまの看板

続きを読む: 鶴林寺③~あいたた観音と新宝物館~

鶴林寺②~無事にお引越し、安置されもうした~

日付にすると14日になるが、無事にわし「笑い仏」こと「がれき光背仏」であるところの釈迦如来は、 鶴林寺への引越を終えた。鶴林寺の皆さま、お忙しいところ丁重なご対応、誠に有難うございます。

幹住職には、正装にて焼香台までご用意いただき、感謝しきりであります。最大限の誠意をもって対応して頂いていることがひしひしと感じられ、かたじけのう思っております。わし(釈迦如来)から発したサンガ(僧侶および仏教徒のコミュニティーのこと)が2600年後にも生き生きと働いている様子に触れて、とても誇らしげな気持ちであります。

しかも、逗留の場所として置いていただいたところも、本堂の正面右とすばらしい場所を手配していただいた。なんともありがたい次第!感謝感激の引越しでした。


 第2の逗留地である鶴林寺でのわしの場所…皆さんとのご結縁、待っておるぞ

続きを読む: 鶴林寺②~無事にお引越し、安置されもうした~

鶴林寺①~聖徳太子のお寺へ~

姫路の山寺である圓教寺をあとにして、次にお邪魔するのは、兵庫県加古川市にあるお寺。あの聖徳太子ゆかりの鶴林寺じゃ。
創建は589年ともいわれる。

 威風堂々たる本堂

続きを読む: 鶴林寺①~聖徳太子のお寺へ~

Joomla templates by a4joomla
Copyright 2000-2018. MONK Forum. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.