ここでは、鳥取県は倉吉市の集仏庵よりこちらの世界に来た「がれき光背仏」であるわし、通称「笑い仏(ぼとけ)」が、旅先から日々の思いをつづるブログじゃ。わしについての概要は、こちらのページからご覧いただければ幸いじゃ。

 

圓満寺④ ~神々しい風景ともお別れ~

名残惜しいが、圓満寺ともお別れのときとなった。
酒井住職にも「なごり惜しくなるなぁ」と言っていただき、わしも恐縮千万。
茨城新聞に掲載していただいたおかげで、お檀家さんでもない方も手を合わせに来てくれた。
ありがたいことじゃ。
 
pic 20 enmanji07
 
前日はMONK衆が、今回お手伝いいただいた三井さんのお宅に世話になったとのこと。
そして、ご自宅の近くには仏国土が広がっておった。
 
pic 20 enmanji08
 
蓮の葉じゃ! 壮観な眺めじゃろ。
仏教ではわしが座るところともなっておる。
ご存じの通り、根はレンコンとなる。
そして、茨城県は全国一のレンコンの産地なのだそうだ。
圓満寺さんとみなみなさま、お世話になりました。
 

圓満寺③ ~ご報告かたがた~

ひとつご報告じゃ。
茨城新聞さんにわしのことを掲載していただいた。
記事を読まれた方が、わしに会いに来られた。ありがたいことじゃ。
 
さて、ご住職の奥様にうかがったのじゃが、このお寺も東日本大震災で被害を受けたそうじゃ。
 
pic 20 enmanji03
 
こちらは立派な十三重塔だったそうだが、倒壊したので、七重塔にしたとのこと。
人のいる方に倒れなかったことは、不幸中の幸いじゃったのう。
 
震災は、東北以外の土地にもその傷跡を残しておる…。
 
圓満寺
 茨城県行方市山田1286
  ご訪問の方は1度お電話ください
  ☎0291-35-2876
   福島に向かう「笑い仏」は7月8日午前まで逗留予定です
 

圓満寺② ~朝の心引き締まるひととき~

朝の6時じゃが、なにやら人がお寺に集まってきた。
そう、圓満寺では、月の最後の日曜日朝6時から、写経の会を行っておられるのじゃ。
 
pic 20 enmanji05
 
写真を撮っていただいた三井さんにお話しをうかがった。
 
私は以前から興味があったところ、たまたまお葬式で酒井ご住職とお会いし、
写経の件を知り、宗派は異なりますが、参加させていただいています。
もう8年程になります。
また丁度その頃両親が相次いで亡くなり、以後、毎朝仏壇で般若心経を唱えています。
写経の折りの為書きは「父母師友供養」と必ず書きます。
 
高柳さんにもうかがった。
 
ちょうど一年前から参加させていただいています。
そのご縁で笑い仏さんにお会いできました。
ご縁は有難いなと感じております。
写経歴は短いので集中力が途切れることが多々ありますが、そんな自分のありのままの様子に気づき、
受け入れられるようになったのも写経の効果と思います。
 
それぞれの思いは、おありだと思うが、心洗われるひとときには違いない。
 
pic 20 enmanji06
 
お近くの方は参加してみてはいかがかな。
 
圓満寺
 茨城県行方市山田1286
 写経にご興味のかたは1度お電話ください
 ☎0291-35-2876
  福島に向かう「笑い仏」は7月8日まで逗留予定です

圓満寺①~なめがた?~

成田山を立ち、北北東に進路を取った。

高速を降りると、あたりはすがすがしいぐらい、視界をさえぎるような建物がなく、農作物の畑がまぶしい。都心を離れ、またのんびりできるかのう。目的地は、成田から車で1時間ちょっとの茨城県にある「なめがた」という。

わしもいろいろ修行してきたものじゃが、漢字のイメージがわかなんだ。

「行方」と書く。難解地名ではあるが、その初出は、なんと奈良時代にまでさかのぼるというから、由緒ある土地なのであろう。圓満寺の方が、出迎えてくださった。

天台宗のお寺という。わしが、はじめ円教寺にいたことを告げると、「あそこはいいお寺ですね」と懐かしがってくださった。やはり、天台宗だけに、酒井住職も訪れたことがあるという。思えば、そこの寺に逗留させてもらったのは、もう3年前のことにもなるのう。

酒井ご住職ををはじめ、みなみなさまにきれいにしつらえていただいた。

 

pic 20 enmanji01

 

また楽しい出会いがありそうじゃな。ここには、7月上旬まで滞在の予定じゃ。

ちなみにすぐ南にある「いたこ」は「潮来」と書く。難解地名の多いところじゃ。

 

圓満寺
茨城県行方市山田1286
ご訪問のときは1度お電話ください
 ☎0291-35-2876

Joomla templates by a4joomla
Copyright 2000-2016. MONK Forum. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.