世田谷観音②~韋駄天~

境内に入ってすぐ右に、特徴的な建物がある。
阿弥陀堂という。

 

pic 18 setagaya amida do

 

中は自由に入れるそうで、かの巨人軍・川上監督もここで祈りを捧げられたという。

 

「あのお堂の扁額を見てください」
ご住職が指さした。

pic 18 setagaya idaten

 

韋駄天と書かれておる。
揮毫されたのは、金栗四三(かなぐりしそう)とおっしゃる。
この人は知る人は知る御仁。

 

あの箱根駅伝創設に尽力された方で、日本最初のオリンピック選手として、
1912年にストックホルム五輪に出場されたそうだ。
ただ、このレースで、金栗殿は、酷暑もあり、意識を失い、途中棄権となった。
だが、話はこれで終わらぬ。

 

1967年に、スウェーデン五輪委員会は、当時の金栗の棄権は認められておらず、
老いた金栗が競技場を回り、ゴールイン!

 

「54年8ヶ月6日5時間32分20秒3」という記録を出して、表彰した。

 

何という粋よ!

 

その日本マラソンの祖が書かれた韋駄天の文字。
何ともありがたさが増すというものよ。

Joomla templates by a4joomla
Copyright 2000-2018. MONK Forum. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.